位置付けと詐称問題

心理セラピストとの違い

女性

心理学自体の研究を専門とする職業を、心理学者と呼びます。一方で、心理学の知識を実践で活かす職業を、心理士と呼びます。この二つをまとめて、心理職と言います。心理カウンセラーは、心理士の一つです。似た職業に、同じく心理士である心理セラピストがありますが、違うものです。心理カウンセラーは相談員のため、相談者の内部の成長を促すのが目的になります。そのため、相談者のことを、来談者という意味の、クライエントと呼びます。相談を受けることが主な業務内容になるので、心理的洞察力、会話術が重要になります。一方、心理セラピストは療法士であり、症状を改善するために、セラピーと呼ばれる具体的な治療を施します。ゆえに、相談者は、クライエントではなく、患者として扱われます。

詐称による詐欺被害

心理学関係は、国家資格化への動きはあるものの、未だに国家資格が存在しない分野です。その結果、民間の心理学関連の資格が多数存在するという現状があります。近年、自称心理カウンセラーを名乗る者による、誤ったカウンセリングや、詐欺まがいの自己啓発セミナーが問題になっています。高額の料金を請求するものもあります。これは、カウンセラーという言葉自体が、業種・職種を問わず多分野で用いることが可能な呼称であることも原因の一つです。心理士が扱う問題は、相談者の非常にデリケートな問題を含むため、心理カウンセラーには、高い専門性と倫理観が必要となります。心理カウンセラーが詐欺に悪用されないために、資質を持った人物を選定する体制作りが求められています。またしっかりとした人がカウンセラーとなるように、現在では資格の取得が必要となっています。専門学校もあるので、そこに通って経験豊富な講師に教えてもらうことも可能です。あるいは通信講座で資格取得を目指すことも出来ます。また資格の取得だけではなく、心理療法や行動療法などの技術面も心理カウンセラーになるためには必要不可欠となっています。